カート

ログイン

会員登録

暑中・残暑見舞いの基礎知識&マナー

ご存知ですか?暑中見舞い・残暑見舞いの基礎知識

暑中・残暑見舞いの基礎知識、マナー

季節の挨拶状として日本人に親しまれ、主にはがきで交わされる暑中見舞いや残暑見舞い。しばらく会っていない人にも、一言ご挨拶できる便利なツールです。

でも実は、暑中見舞いを出す時期がいつからいつまでなのか、厳密には知らないという方も多いよう。
また書き出しや結びなど、どう書けばいいのかも悩みどころ。

ここでは暑中・残暑見舞いを出したいと思っている方に向けて、基本的な書き方や時期など、知っておきたい知識をまとめてご紹介したいと思います。

暑中見舞いの意味・由来とは?

暑中見舞い由来

そもそも暑中見舞いがどんな目的で交わされてきたものかご存知でしょうか。

暑中見舞いの起源は、江戸時代以前にさかのぼります。昔は夏と冬に1回ずつ、目上の人に挨拶回りを行うという習慣がありました。暑い時期に「お元気ですか」「お変わりありませんか」と相手を見舞い、贈り物をしていたのです。
その後、明治時代に郵便制度がスタートしたことがきっかけで、現在の「暑中見舞い」「年賀状」の形に変化しました。

最近はおしゃれなはがきデザインも増え、写真を入れて結婚・出産報告を楽しむ方もたくさんいます。
もちろん自身の近況報告も大切な目的のひとつですが、暑中見舞いで忘れてはならないのは「相手の体調を気遣うこと」。
特に目上の人には、贈り物をするような気持ちでメッセージをしたためるようにしたいですね。

暑中・残暑見舞いを出す時期はいつからいつまで?

暑中・残暑見舞いを出す時期はいつからいつまで?

暑中見舞いを出すのは、梅雨が明けてから立秋の前日(2019年は8月7日)まで。

立秋以降に出す場合は「残暑見舞い」となります。

残暑見舞いは、暦の上では秋になっても暑さが続いている時期に出すもので、いつまでに出すかは厳密に決まっていません。
一般的には8月末までに交わされますが、暑さの厳しい年であれば9月上旬頃まで出されることもあります。

暑中・残暑見舞いの書き方・基本構成

暑中見舞い・残暑見舞いは、主に6つの内容から構成されます。

どんな内容を書けばいいの?

❶ 暑中見舞い・残暑見舞いの言葉

❷ 先方のようすを伺う言葉

❸ 自身の近況を伝える言葉

❹ 締めの挨拶

❺ 日付

❻ 差出人

季節のご挨拶は多様化していますので、形式にこだわりすぎる必要はありません。

地元の友人に送る場合は、帰省の予定を書き足しておけば、会うきっかけになるかもしれませんし、写真入りデザインにすればきっと会話も盛り上がることでしょう。
また、夏らしさを感じるデザインも情緒があってよいですが、涼をお届けできる爽やかなデザインもおすすめです。

しばらく会っていない人ともコミュニケーションがとれる便利な暑中見舞いや残暑見舞い。時期や書き方など最低限の知識を身につけた上で、準備を楽しんでみてはいかがでしょうか。

スタッフ一同

お問い合わせ0120-05-7706

2019/3/4~受付時間を変更いたしました。

メールでのお問い合わせはこちら

会員登録不要! カンタン20分で注文完了! どうぞお気軽にデザイン作成をお試しください。

厳選デザイン約300種類!「令和」の文例・デザイン取り揃えております。

暑中見舞いはがきデザイン一覧・ご注文はこちら